Top >  紹介について >  高齢者のセカンド・オピニオン

高齢者のセカンド・オピニオン

高齢者においても、セカンド・オピニオンは広く浸透し始めています。
日本人の平均寿命が男性79歳、女性84歳を超えました。
医療現場では、おおむね70歳以上を高齢者と考えています。
脳ドックや頭痛の検査などで、未破裂動脈瘤が発見されることが多くなっていま
す。
70歳以上で未破裂動脈瘤が発見された場合、どうするかという、非常に難しい決
断が迫られます。
クリッピング術は、高齢者になるほど合併症の危険性も高まります。
よって、セカンド・オピニオンが必要な場合があります。
脳神経学会のガイドラインではクリッピング術の適用は、70歳までとしています

ただ、人によっては、破裂した場合の影響が大きいだけに不安感を募らせて、普
段の生活に支障が出ている方もあります。
当然、70歳以上でもクリッピング術を望む方がいます。
70歳だからと言って、一律にすべて手術ができないというわけではありません。
しっかりと合った医師選びのためにも、セカンド・オピニオンを有効に使いまし
ょう。

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://surf.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/367

         

紹介について

関連エントリー

歯科医療のセカンド・オピニオン インプラント治療のセカンド・オピニオン 脳血管検査におけるセカンド・オピニオン 心臓血管撮影におけるセカンド・オピニオン 腎生検の場合のセカンド・オピニオン 気管支鏡におけるセカンド・オピニオン 血液異常チェックにおけるセカンド・オピニオン 頭痛検査におけるセカンド・オピニオン 腹痛におけるセカンド・オピニオン ガンにおけるセカンド・オピニオン 薬におけるセカンド・オピニオン:その1 薬におけるセカンド・オピニオン:その2 麻酔におけるセカンド・オピニオン 糖尿病治療におけるセカンド・オピニオン 良性腫瘍におけるセカンド・オピニオン 合併症を避けるためのセカンド・オピニオン 高齢者のセカンド・オピニオン 高度先進医療におけるセカンド・オピニオン 米国のセカンド・オピニオンサイト:その1 米国のセカンド・オピニオンサイト:その2 米国におけるセカンド・オピニオンと保険の関係


スポンサードリンク
ご案内
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS jugem