Top >  紹介について >  高度先進医療におけるセカンド・オピニオン

高度先進医療におけるセカンド・オピニオン

最近、腹腔鏡下手術等、高度先進医療という言葉を耳にします。
高度先進医療が先進的であるのは間違いありませんが、厳密には、特定の診療行
為が健康保険の適用を受けない場合の、医療費支払い制度なのです。
ですから、高度先進医療を受ける場合、きちんと積極的にセカンド・オピニオン
を受ける必要があります。
2003年9月に起きた慈恵医大青戸病院事件で、医者3人が業務上過失致死罪の処罰
を受けました。
前立腺癌男性患者に3人の医者が「腹腔鏡下手術」を実施しましたが、出血多量で
患者を死亡させてしまったのです。
この場合も、しっかりセカンド・オピニオンを受けていれば回避できた可能性が
高かったとも言われています。
どんな手術でも患者は選択肢を十分聞いた上で、それぞれがセカンドオピニオン
などで納得した上で判断しなければなりません。

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://surf.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/368

         

紹介について

関連エントリー

歯科医療のセカンド・オピニオン インプラント治療のセカンド・オピニオン 脳血管検査におけるセカンド・オピニオン 心臓血管撮影におけるセカンド・オピニオン 腎生検の場合のセカンド・オピニオン 気管支鏡におけるセカンド・オピニオン 血液異常チェックにおけるセカンド・オピニオン 頭痛検査におけるセカンド・オピニオン 腹痛におけるセカンド・オピニオン ガンにおけるセカンド・オピニオン 薬におけるセカンド・オピニオン:その1 薬におけるセカンド・オピニオン:その2 麻酔におけるセカンド・オピニオン 糖尿病治療におけるセカンド・オピニオン 良性腫瘍におけるセカンド・オピニオン 合併症を避けるためのセカンド・オピニオン 高齢者のセカンド・オピニオン 高度先進医療におけるセカンド・オピニオン 米国のセカンド・オピニオンサイト:その1 米国のセカンド・オピニオンサイト:その2 米国におけるセカンド・オピニオンと保険の関係


スポンサードリンク
ご案内
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS jugem