Top >  受け方 >  セカンド・オピニオンがうまくいきにくい理由

セカンド・オピニオンがうまくいきにくい理由

医療過誤に遭われた相談者にセカンド・オピニオンを勧めるケースが多いようで
すが、どうもうまくいかないことがあるようです。
その理由としては、前の病院での失敗された説明を、患者側が被害者意識むき出
しで説明してしまうことにあります。
そうすると、セカンド・オピニオンをする医師としては、紛争の匂いを察知して
しまい、腰が引けてしまいます。
法廷に引っ張り出されることを忌み嫌う医師が、ほとんどだからなのです。
しかし、患者側は、今ある苦痛を治したい一心でセカンドオピニオンに懇願する
わけです。
前の病院で失敗されたことなど言う必要など、一切ありません。
逆に言わないほうがいいのです。
セカンド・オピニオンを依頼される医師としても、患者を治したい気持ちは一緒
なのです。

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://surf.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/376

         

受け方

関連エントリー

セカンド・オピニオンを受けるのに効果的な時 セカンド・オピニオンを受けるのは原則本人 セカンド・オピニオンをうまく受けるために セカンド・オピニオンをうまく受けるコツ メールによるセカンド・オピニオン 理念と実践 セカンド・オピニオンが有用なケース 動物病院で行われているセカンド・オピニオン セカンド・オピニオンではない?? セカンド・オピニオンはお得。 胃カメラを飲む際のセカンド・オピニオン ERCPにおけるセカンド・オピニオン セカンド・オピニオンを受ける決め手:その1 セカンド・オピニオンを受ける決め手:その2 セカンド・オピニオンは患者の権利 受けるコツ 医師ではなく病院を探す セカンド・オピニオンがうまくいきにくい理由 外来受診の心構え 最後の判断は本人で


スポンサードリンク
ご案内
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS jugem