Top >  受け方 >  外来受診の心構え

外来受診の心構え

セカンドオピニオン外来の正しい意味は、第三者の意見を患者さん自身が聴くこ
とです。
ですから、患者自身が、病気と正面から向かうという姿勢が必要になります。
セカンドオピニオンでは、最初の病院での判断に、プロの立場でコメントを加え
ます。
しかし、現在の医療が腑に落ちない方がたくさん各病院のセカンドオピニオン外
来を訪れます。
多くの方は、真のセカンドオピニオンを求めに来る前の段階で、悩んでいます。
言い換えれば、主治医とよき医師・患者関係が築けないのです。
これは、医療サイドだけに問題があるのではなく、患者側の意識の低さも問題に
あります。
質問を上手にすることが、よき医師・患者関係を築く第一歩です。
腑に落ちないことをメモなどに書いて、端的に質問することが良いでしょう。

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://surf.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/378

         

受け方

関連エントリー

セカンド・オピニオンを受けるのに効果的な時 セカンド・オピニオンを受けるのは原則本人 セカンド・オピニオンをうまく受けるために セカンド・オピニオンをうまく受けるコツ メールによるセカンド・オピニオン 理念と実践 セカンド・オピニオンが有用なケース 動物病院で行われているセカンド・オピニオン セカンド・オピニオンではない?? セカンド・オピニオンはお得。 胃カメラを飲む際のセカンド・オピニオン ERCPにおけるセカンド・オピニオン セカンド・オピニオンを受ける決め手:その1 セカンド・オピニオンを受ける決め手:その2 セカンド・オピニオンは患者の権利 受けるコツ 医師ではなく病院を探す セカンド・オピニオンがうまくいきにくい理由 外来受診の心構え 最後の判断は本人で


スポンサードリンク
ご案内
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS jugem