Top >  紹介について >  米国におけるセカンド・オピニオンと保険の関係

米国におけるセカンド・オピニオンと保険の関係

セカンドオピニオンはアメリカで始まりました。
現在アメリカでは、医療費がどんどん上がり、保険会社がパンクしかねない状況
です。
そんな中、例えば、心臓手術を受けなければいけないと言われ、保険会社に申請
したとします。
すると、アメリカの保険会社の多くは、「念のため他の病院にも(手術が必要か
どうか)聞いてみてください」と言います。
つまり、保険会社がセカンド・オピニオンを受けることを勧めるのです。
そして、セカンド・オピニオンを受けた結果、別の病院でも同じように言われた
時にはお金を出しますよ、というわけです。
このような点が、セカンド・オピニオンについて、日本とは全く異なります。
日本では高齢者人口が増え、ガン罹患率が高まる中、主治医以外の医師からセカ
ンドオピニオンを求める、患者サイドのニーズが高まっています。
これから、セカンド・オピニオンのあり方が日本でも変わってくるかもしれませ
ん。

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://surf.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/380

         

紹介について

関連エントリー

歯科医療のセカンド・オピニオン インプラント治療のセカンド・オピニオン 脳血管検査におけるセカンド・オピニオン 心臓血管撮影におけるセカンド・オピニオン 腎生検の場合のセカンド・オピニオン 気管支鏡におけるセカンド・オピニオン 血液異常チェックにおけるセカンド・オピニオン 頭痛検査におけるセカンド・オピニオン 腹痛におけるセカンド・オピニオン ガンにおけるセカンド・オピニオン 薬におけるセカンド・オピニオン:その1 薬におけるセカンド・オピニオン:その2 麻酔におけるセカンド・オピニオン 糖尿病治療におけるセカンド・オピニオン 良性腫瘍におけるセカンド・オピニオン 合併症を避けるためのセカンド・オピニオン 高齢者のセカンド・オピニオン 高度先進医療におけるセカンド・オピニオン 米国のセカンド・オピニオンサイト:その1 米国のセカンド・オピニオンサイト:その2 米国におけるセカンド・オピニオンと保険の関係


スポンサードリンク
ご案内
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS jugem