Top >  受け方 >  最後の判断は本人で

最後の判断は本人で

主治医とセカンドオピニオンを求めた医者と意見が食い違うということは、セカ
ンド・オピニオンを受ける以上、良くあることでしょう。
どちらを信じるのか、どちらの意見に従うのか、判断も非常に難しいです。
ですから、患者は自分自身の納得のいくまで説明を求めなければなりません。
セカンドオピニオンを受けた結果、もう一度、主治医のところに戻り、再度説明
を聞くことになります。
主治医のところに行かずに、さらに、サードオピニオン、フォースオピニオンを
求め、新たな”名医”を探す患者もいます。
どれだけの医師に意見を求めても、最後の判断を下すのは自分自身ということに
なります。
それだけ、セカンド・オピニオンは自分の積極性が必要となります。

スポンサードリンク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://surf.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/381

         

受け方

関連エントリー

セカンド・オピニオンを受けるのに効果的な時 セカンド・オピニオンを受けるのは原則本人 セカンド・オピニオンをうまく受けるために セカンド・オピニオンをうまく受けるコツ メールによるセカンド・オピニオン 理念と実践 セカンド・オピニオンが有用なケース 動物病院で行われているセカンド・オピニオン セカンド・オピニオンではない?? セカンド・オピニオンはお得。 胃カメラを飲む際のセカンド・オピニオン ERCPにおけるセカンド・オピニオン セカンド・オピニオンを受ける決め手:その1 セカンド・オピニオンを受ける決め手:その2 セカンド・オピニオンは患者の権利 受けるコツ 医師ではなく病院を探す セカンド・オピニオンがうまくいきにくい理由 外来受診の心構え 最後の判断は本人で


スポンサードリンク
ご案内
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS jugem