Top >  紹介について

紹介について

スポンサードリンク

紹介について一覧

lime.jpg

歯科医療のセカンド・オピニオン

他の医療業界では、どんどん進んでいるセカンド・オピニオンですが、歯科医療 業界で...

インプラント治療のセカンド・オピニオン

インプラント治療を行っている、ある歯科でセカンド・オピニオンを取り入れて いる実...

脳血管検査におけるセカンド・オピニオン

脳血管の造影検査においてもセカンド・オピニオン、あるいはインフォームドコ ンセン...

心臓血管撮影におけるセカンド・オピニオン

心臓血管の造影検査でも慎重に行うためにも、インフォームドコンセント、不安 ならば...

腎生検の場合のセカンド・オピニオン

腎生検も危険とをもなう検査ですから、必要があればセカンド・オピニオンを受 けるこ...

気管支鏡におけるセカンド・オピニオン

気管支鏡を行う検査においても、セカンド・オピニオンは有用でしょう。 気管支鏡は呼...

血液異常チェックにおけるセカンド・オピニオン

血液異常をチェックする際、骨髄検査があります。ここでもセカンド・オピニオ ンが有...

頭痛検査におけるセカンド・オピニオン

頭痛と一くくりにいっても、多くの原因が考えられます。 よって、セカンド・オピニオ...

腹痛におけるセカンド・オピニオン

腹痛も頭痛同様、薬や様子見で片付けられてしまいやすい症状です。 同じように、セカ...

ガンにおけるセカンド・オピニオン

ガンと呼ばれるものは200種類もあります。 また、ガンの種類によって性質は異なり...

薬におけるセカンド・オピニオン:その1

日本人は薬に頼ることが多いといわれています。 しかし、薬には効果がある反面、副作...

薬におけるセカンド・オピニオン:その2

主治医から薬を処方された後のセカンド・オピニオンを受けることについて挙げ てみま...

麻酔におけるセカンド・オピニオン

麻酔は、麻酔専門医でなければ打てません。 麻酔におけるセカンド・オピニオンについ...

糖尿病治療におけるセカンド・オピニオン

糖尿病患者は、1997年に690万人だった患者数が2002年には740万人と、わ...

良性腫瘍におけるセカンド・オピニオン

悪性腫瘍は転移を起して、治療をしないと生命にかかわります。 一方、良性腫瘍は転移...

合併症を避けるためのセカンド・オピニオン

どんなに簡単な小手術と言えども、全く安全な手術は一つもありません。 特に高齢者で...

高齢者のセカンド・オピニオン

高齢者においても、セカンド・オピニオンは広く浸透し始めています。 日本人の平均寿...

高度先進医療におけるセカンド・オピニオン

最近、腹腔鏡下手術等、高度先進医療という言葉を耳にします。 高度先進医療が先進的...

米国のセカンド・オピニオンサイト:その1

セカンド・オピニオンはアメリカで生まれただけに、セカンド・オピニオンの浸 透率は...

米国のセカンド・オピニオンサイト:その2

アメリカの統合型セカンド・オピニオンサイト「e-Cleveland Clinic...

米国におけるセカンド・オピニオンと保険の関係

セカンドオピニオンはアメリカで始まりました。 現在アメリカでは、医療費がどんどん...


スポンサードリンク
ご案内
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。広告配信事業者(Google社)は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、cookieと呼ばれる、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。ユーザーは Google社の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。
あなたならジュゲムがイイ
中級者以上向けブログJUGEM PLUS jugem